Last Service

事前に準備をしておく

相談する人

故人への思い入れが強ければ強いほど、遺品の整理は捗りません。遺品整理を神戸で行なっているこちらに依頼しましょう。

遺品整理を東京依頼する時は、損害賠償保険が加入されている業者に依頼しましょう。ココの業者は最高5000万円まで保証しています。

最近の新しいブームとは

高齢化社会の到来とともに、遺産相続や家の跡継ぎが問題となった時代は未だに続いています。そんなこともあり、遺産相続や墓をどうするかという問題に関して、親世代に悩まされた団塊世代に終活が大ブームとなりました。自分自身の問題として実感しやすいこともあり、積極的に取り組む高齢者が多かったようです。これに代わり、最近は老前整理という言葉が出てきました。単なる整理整頓とは違い、元気で体が動くうちに不要な物を整理しようと言う考え方です。人は、思っているよりもはるかに多くの荷物に囲まれて生活しています。何となく集めた物や頂き物を捨てずに持っている、更には存在すら忘れたまましまい込んでいる物も段ボールに詰め込まれたままになっていたりします。

子供に対する思いやりとは

どんなに健康でありたいと望んで生活していても、突然の病気や怪我が原因で介護が必要になることがあるものです。そんな時、最近では医療費削減のために入院期間が短縮されているため、かなり早期に自宅に帰るか施設に入所することになる場合がほとんどです。このような突然の事態に大変な思いをするのは、多くの場合は子供になります。物が溢れ、どこに何があるかわからないような部屋から着替えや生活に必要なもの、通帳や印鑑を探し出さなければなりません。このような苦労を最小限にしてくれるのが老前整理と言えます。老前整理と言うと、何となく寂しげな響きがあるかもしれません。しかし、老前整理は残される子供達に苦労をかけないための親の最後の役割であり、思いやりなのです。

記事一覧

亡くなる前に

自分自身が亡くなった時のことを考えるのであれば、事前に老前整理をしておく必要がありあます。老前整理はただモノを減らして自分自身が過ごしやすくする為だけでなく、残された遺族の為にもなります。

詳細を見る

自分でできる事を

もしも自分が亡くなった時のことを考えると、しておかなければならない事は多くあります。自分が亡くなった時に見送ってくれるのは残された遺族なので、遺族の為にも生前に葬儀会社を選んでおくのも1つの配慮になります。

詳細を見る

時代と共に変化

昔に比べると葬儀の形もかなり変化してきており、業者によってもかなり多くのサービスを提供しています。葬儀にかかる予算も事前に伝えておくことで、予算内で最大のセレモニーを行うことができます。

詳細を見る

難しい遺品整理

遺品整理は、故人のことを想えば想うほど、その整理が難しくなっていきます。遺品整理に困ったときは、専門の業者に依頼すると良いでしょう。専門の業者と相談しながら行うことでスムーズに整理を進めることができます。

詳細を見る

利用する前に

遺品整理をしてくれる業者は数多くありますが、しっかりと整理をするためにも業者選びから真剣に行う必要があります。価格だけを考えて選ぶのではなく、よりニーズに沿った内容の遺品整理をおこなってくれる業者を選ぶことが大切です。

詳細を見る

↑ PAGE TOP